声がよれる、つまる時は、”声の通り道”を作る!

歌うことは自分を奏でること
世界に一つだけの自分の声を響かせよう!
を、コンセプトにボイトレしています

歌っていて、声がよれる、つまる、
ひっくり返る…なんてことありませんか?
そんな時はそのメロディにまだノドが慣れていなくて
ノドに力が入っていることが多いです

そこでおススメなのが
“声をやわらかく、なめらかに出し続けていく”練習です

歌詞を一旦ハズして
Ah〜とか、La〜とか出しやすい発音で
メロディを歌っていきます

“力まずに、やわらかな声で”
“声がバラつかないように”
“なめらかなラインを目指して”

そんなふうにくり返しメロディをなぞっていくと
やがて、ノドが慣れてきて、そのメロディを歌う”道すじ”、
“声の通り道”ができるんです

声がよれたり、つまったりするときって、
つい力まかせにエイッと出そうとするんですが
逆効果でノドに負担をかけるだけですから
とにかく、なめらかに、そのメロディを歌えるノドにしていくことです

“声の通り道”ができると歌詞を乗せたときでも歌いやすくなって
安定感も生まれます

よかったら試してみてください♡
「声の研磨師」おおばせいこでした

*******************************************
◆1回20秒!「歌って顔ヨガ」で見た目・心・声が若返る
10才若返りプロジェクト
募集中です!

◆インスタグラム
seikoohba_official
フォローもお待ちしています

◆おおばせいこ公式ライン
https://lin.ee/mQN2Cd5
1対1トークで直接やりとりができますので
お気軽にお問い合わせください

関連記事

  1. 発声法~クラシックからポップスへ

  2. 息継ぎがうまくいかない時に試してみてほしい“息トレ”

  3. 声が出ないなぁという時は目の前にできる“声の道”を見る

  4. ギターの調べ “キュッ”というフレットノイズに憧れて

  5. ミックスボイスは鼻腔で声を響かせれば出せるようになる!

  6. 歌うことが生きがい〜ステキな“夢中力”

アーカイブ

シアターライブ「千夜一夜」

歌・芝居・踊りで構成されたシアターライブ。

歌って顔ヨガ

1回20秒で10歳若見え!