発声法~クラッシックからポップスへ

レッスンではいろいろなお悩みを聞きますが
クラッシックの発声をポップスの発声に変えたいという方、いらっしゃいます

①声楽を習っていた
②ずっと合唱をやっていた など

カラオケで歌うとなんか違うので
カラオケに合う声にしたい!と いうご要望ですね

私もルーツはクラッシックなので
その気持ちはすごくわかります
クラッシックしかやってなかった時は
何を歌っても「オペラですね」と言われたものです
で、そこからポップスも勉強して
両方の素晴らしさを知った次第です♡

まず発声法の違いですが(女声)
●クラッシックは
よく「地声で歌っちゃダメ」なんて言われますが
基本的には裏声を鍛えて歌います
でも、地声に裏声を混ぜて鍛えるという場合もあります

●ポップスは
地声(しゃべる時の声ですね)を鍛えて歌います
高音も出るところまではなるべく地声で
限界からは裏声も混ぜつつ、声域を広げていきます

そして
ポップスの発声へと変える練習法ですが
と、その前に!
冒頭に書いたクラッシックをやってた方について補足しますと
①と② は同じようで違います

①の声楽の方は、独唱、ソロ仕様なので
人によってはビブラートやクセが強かったりします

②の合唱の方は、みんなで合わせることを前提としていますので
声に主張を持たせず、全体的にきれいなという感じです

で、練習法はですね
①の声楽の方はマイクなしでも響いちゃう声の
その響かせる場所を、口の奥から、もっと口先に持ってきてみます
声楽は、どうしても「歌唱」になるので
それを「歌っちゃお♪」とか「口ずさむ♪」みたいにライトにしてみるといいです
その後、地声にもトライです

②の合唱の方は、今のそのきれいな感じに
少し地声成分を入れるだけでも変わったように聞こえます
低音からやっていって高音になっても
地声でぶつけることを恐れずに!
多少、喉が痛くなったりもしますが
そんなの関係ねぇ(小島よしお、好きなんです♡)くらいの勢いで!

あとは、クラッシックは「メロディーが命」なので
それを
「リズムも命」にしていただく必要が出てくるでございます

リズムを意識すると
言葉にもアクセントがついたり
音符を切ったり、跳ねたり、と
ノリも変わってきます

で、ですね最後に
今回のこの発声法を変えるにあたって
今までのクラッシックの発声法をゼロにするのではなく
やってた事が役立つところもあるので
それはそれで、歌い方の1つとして持っておいて
あらたに、もう1つ得る
というスタンスがいいんじゃないかなと思います

関連記事

  1. ネコに学ぶボイトレ*つま先立ち

  2. ピアノ弾き語りが夢というあなたへ

  3. 今日、気持ちよく帰ってもらいたい♡

  4. 合唱・コーラスで音がとれないという時の練習法

  5. 肺活量を鍛えよう!神器もご紹介!

  6. ピアノ練習 ショパン*革命

アーカイブ

シアターライブ「千夜一夜」

歌・芝居・踊りで構成されたシアターライブ。

歌って顔ヨガ

1回20秒で10歳若見え!