ビブラート、まずは”波”を作ることから始めよう!

歌うことは自分を奏でること
世界に一つだけの自分の声を響かせよう!
を、コンセプトにボイトレしています

受講生さんから「どうやったらできるの?」とよく訊かれるものの1つに
“ビブラート”があります
声を揺らすことによって
聴き手に”昂揚感”や”癒し”をもたらしたり
歌い手側も感情表現の幅を広げられる素敵なテクニック♪
ストレートに発声するのとはまた違って、そこに”味”が生まれます
ビブラートがなかなかかけられないという人には憧れかもしれません

そこで!入門編として、
声の”揺れ”を”波”だとイメージしておこなう、
カンタンなエクササイズをご紹介します

たとえば「青い」の「い」
ふつうに出すと「い————」となるところ
●「い〜 〜 〜」と、ゆっくり、3つの波を作ってみます
「い〜い〜い〜♪」→「い〜〜〜♪」

慣れてきたら
さらにこまかく速く 
●「い〜 〜 〜 〜 〜」と5つの波にしてみます
「い〜い〜い〜い〜い〜♪」→「い〜〜〜〜〜♪」

揺らしているときのノドの状態がどんなふうになっているかも確認しながら
「い〜〜〜〜〜♪」「い〜〜〜〜〜♪」

実際に首に手を当てて、指でノドのあたりを触ってみると
振動が感じられるんじゃないでしょうか
声を揺らす幅=波、が、そろうようにすることがポイントです
そろってないと、”揺れ”ではなく、”ヨレ”になってしまいますので。

よかったら試してみてください♡
『声の研磨師』おおばせいこでした

*******************************************
◆1回20秒!「歌って顔ヨガ」で見た目・心・声が若返る
10才若返りプロジェクト
募集中です!

◆インスタグラム
seikoohba_official
フォローもお待ちしています

◆おおばせいこ公式ライン
https://lin.ee/mQN2Cd5
1対1トークで直接やりとりができますので
お気軽にお問い合わせください

関連記事

  1. ギターの調べ “キュッ”というフレットノイズに憧れて

  2. 発声法~クラシックからポップスへ

  3. 息が続かない時に試してみてほしい“息トレ”

  4. 鼻腔共鳴、花の香りでイイ声に!

  5. マスクをしながら今日も歌っています!

  6. マイク乗りってなに?マイク乗りの良い声とは?

アーカイブ

シアターライブ「千夜一夜」

歌・芝居・踊りで構成されたシアターライブ。

歌って顔ヨガ

1回20秒で10歳若見え!