ライブ、発表会の緊張対策「イントロから歌っちゃおう!」

歌うことは自分を奏でること
世界に一つだけの自分の声を響かせよう!
を、コンセプトにボイトレしています

ライブや発表会など、人前で歌う時、
“歌い出し”がとにかく緊張しますよね
声が震えたり…、とんでもないことになっちゃったり!(←人それぞれ)
日々の歌の練習はもちろんですが、
あがったらどうなるか、を、想定して、
対策を準備しておくことも大事だなぁと思います

そこで、対策の1つ”イントロでフェイクする” をご紹介しますね

たとえば “ハナミズキ”を歌うとしたら
本来ならイントロを聴いてから
「そ〜らを〜 おしあげて〜♪」なんですが

“イントロでフェイクする”では
もうイントロから”Uh〜♪”とか”Ah〜♪”とか
そのイントロの雰囲気に合ったフレーズを口ずさんでしまいます

「Uhhh〜 そ〜らを〜 おしあげて〜♪」
というような感じで。

このウ〜ア〜のことを”フェイク”といいますが
本編に入る前の”ノド鳴らし”としてもオススメです
とくに、1曲しか歌えない場合は、出だしで躓いてしまうと
最後まで引きずってしまったりするので、ね。

ただし!いきなりフェイクしようとしても、フレーズが思い浮かばないので
普段から、イントロにのって、ウゥウゥウ〜、ハアァ〜〜♪と、声にするとよいです
低音でやってみたり、中音域でやってみたり、
囁くように…、力強く!!、などなど、なんパターンか持っておくと更に安心♪

よかったら試してみてください♡
『声の研磨師』おおばせいこでした

*******************************************
◆1回20秒!「歌って顔ヨガ」で見た目・心・声が若返る
10才若返りプロジェクト
募集中です!

◆インスタグラム
seikoohba_official
フォローもお待ちしています

◆おおばせいこ公式ライン
https://lin.ee/mQN2Cd5
1対1トークで直接やりとりができますので
お気軽にお問い合わせください

関連記事

  1. ミックスボイスは鼻腔で声を響かせれば出せるようになる!

  2. 合唱・コーラスで音がとれないという時の練習法

  3. ささやき声”ウィスパー・ボイス”の魅…

  4. 歌うことが生きがい〜ステキな“夢中力”

  5. 歌は歌えるようになってからが面白い!

  6. 発声法~クラシックからポップスへ

アーカイブ

シアターライブ「千夜一夜」

歌・芝居・踊りで構成されたシアターライブ。

歌って顔ヨガ

1回20秒で10歳若見え!