歌うとノドが痛くなる時はハミングで

歌うことは自分を奏でること
世界に一つだけの自分の声を響かせよう!
を、コンセプトにボイトレ&ボーカルレッスンしています

歌うとノドが痛くなる、声がかれる…というときは
歌詞をハズシて “ん〜♪” とハミングで
“鼻腔”に響かせることを意識して歌ってみるといいです
歌詞ナシにする意味合いとしては
コトバがあると、唇や舌の動きも関係してきたり
前に出にくいコトバの時に力任せに歌ってノドに負荷がかかり
嗄れたり、痛めてしまう場合があるので、です

鼻腔(びくう)は鼻の後ろ側にある空洞で
目の裏側まで広がっています

この”鼻腔”という”自分の中の空洞”で
声を響かせられるようになると
長時間歌ってもノドを痛めないし
大きい声や強い声も出せるようになり
更には地声や裏声などのコントロールもしやすくなります

それと、ハミングは
ご近所にうるさくない練習法としてもおススメです

インスタにアップしたのはベートーヴェンのピアノソナタ “月光”
本来はピアノ曲ですが右手で弾くメロディーラインをハミングしています

“ん〜♪ん〜♪”
“ん〜♪ん〜♪”

よかったら試してみてください♡

『声の研磨師』おおばせいこでした

*******************************************
◆1回20秒!「歌って顔ヨガ」で見た目・心・声が若返る
10才若返りプロジェクト
募集中です!

◆インスタグラム
seikoohba_official
フォローもお待ちしています

◆おおばせいこ公式ライン
https://lin.ee/mQN2Cd5
1対1トークで直接やりとりができますので
お気軽にお問い合わせください

関連記事

  1. フラメンコカスタネット「パリージョ」の魅力

  2. “トルコ行進曲”とフラメンコで1人コ…

  3. 声が伸びない時の練習法、ボーカライズ

  4. MET、観てきました!

  5. 歌の感情表現

  6. 息継ぎがうまくいかない時に試してみてほしい“息トレ”

アーカイブ

シアターライブ「千夜一夜」

歌・芝居・踊りで構成されたシアターライブ。

歌って顔ヨガ

1回20秒で10歳若見え!