オペラ『蝶々夫人』より”ある晴れた日に”

プッチーニ作曲 オペラ『蝶々夫人』より “ある晴れた日に”をインスタにアップしました

舞台は、明治時代の長崎
日本での任務を終え、
アメリカに帰ってしまった夫ピンカートン(海軍士官)を
待ち続ける、ヒロインの蝶々さん。

「外国人の夫が戻ってきたなんて聞いたことない」と言うスズキ(女中)に
「戻ってくると約束したわ」と気丈に返すシーンで歌われます

「ある晴れた日
 遠い海のかなたに
 ひとすじの煙が立ち上り
 彼の乗った船が現れるの」

夫への純粋な想い、希望が込められたアリアです
西洋音楽のなかに東洋的な、
「和」を感じられる美しい旋律に引き込まれます

学生時代は当たり前に”声楽の声”で歌っていて、
楽譜にもたくさんの書き込みで勉強のあとが見られますが
今は、その当時の歌い方ではなくソフトに歌っています
通常のメロディーと、
それに合わせて1オクターブ下でも歌って2声でのお届け
高音と低音の響きを聴いていただけたらうれしいです

vocal
chorus
piano
by seiko

*******************************************
◆1回20秒!「歌って顔ヨガ」で見た目・心・声が若返る
10才若返りプロジェクト
募集中です!

◆インスタグラム
seikoohba_official
フォローもお待ちしています

◆おおばせいこ公式ライン
https://lin.ee/mQN2Cd5
1対1トークで直接やりとりができますので
お気軽にお問い合わせください

関連記事

  1. 激動の時代に生まれた「革命」を弾いてみました

  2. 「好きにならずにいられない」”Can’…

  3. ショパン”小犬のワルツ”とフラメンコ…

  4. オペラ”カルメン”とフラメンコで1人…

  5. 「別れの曲」を弾いている間にテレビが壊れたという話

  6. “主よ、人の望みの喜びよ”ピアスとコ…

アーカイブ

シアターライブ「千夜一夜」

歌・芝居・踊りで構成されたシアターライブ。

歌って顔ヨガ

1回20秒で10歳若見え!