発声法は必ずしも腹式呼吸だけではない?!

ええっ?ボイストレーニングっていったら腹式でしょ?
と突っ込まれそうですが

発声する時、大前提として「腹式呼吸」で
というのがありますよね
でも
ふだん無意識に誰もがしている呼吸、「胸式呼吸」も使うのです

ラジオ番組の時
「そんなにお腹から声を出さなくても大丈夫ですよ」
と 言われたことがあります
一語一句ハッキリ!と 思ったら
舞台でセリフを言うみたいな感じになってたんですね
ここでは腹式でしっかり出すより
胸式でおしゃべりするほうが合っていたのです
それ以来、話す時は その空間の広さやマイクの有無
マイクとの距離などによって
腹式と胸式とを使い分けるようになりました

歌う時もそうです、基本的には腹式ですが
囁くように、とか、語りっぽくという場面では胸式呼吸もアリなのです
ただし、まるっきり普段使いの声ではなく
鼻腔、鼻の後ろにある空洞に響かせることを意識して

bikuu s.jpg
普段の声にちょっとだけメイクするみたいなイメージで出すのがポイントです

関連記事

  1. タイケンはプレゼン♡

  2. 紙、いいえ神です!

  3. ネコに学ぶボイトレ*つま先立ち

  4. 肺活量を鍛えよう!神器もご紹介!

  5. 大きな声を出す時、押してもダメなら引いてみる

  6. フレディ・マーキュリーに学ぶ多重録音

アーカイブ

シアターライブ「千夜一夜」

歌・芝居・踊りで構成されたシアターライブ。

歌って顔ヨガ

1回20秒で10歳若見え!