ワンフレーズワンブレス 時計と仲良くなろう!

自粛期間が延長になりましたね
今日は5月5日、子供の日なので大丈夫ですが
ここ最近は何日なのかも微妙になりました
時計も26のまま…
ソーラーで「時」はずっと動いてくれるのですが
「日」は自分で龍頭を巻いて合わせなくては
ならないのです
tokei.jpg
さて自宅では声を出せないという方もいらっしゃるので
息(ブレス)の練習法をご紹介しますね
これをやっておくと、声を出さなくても
喉や鼻腔に歌ってる時と同じ感覚を伝えれるし
歌ってて息が続かないという方にもおススメです
  
そう、歌う時は、息に声をのせて出すので
息の使い方はとても大事!
ワンフレーズ(1つのかたまり)を
ワンブレス(ひといき)で歌えると楽です
「息に声をのせる」
ためしに
「サシスセソ」の「ス」で、普通に声でスーと出すのではなく
(酢とか巣のスではなくシューのイメージで)
スーッと息を吐いてみて下さい
次に「スー」と息を出したまま、そこから「あー」と声に変えてみて下さい
スー(息)あ~(声)スー(息)あ~(声)
スあ~~、スあ~~~、あ~~~~~~~ というように
ふわっと、息に声がのっていく感じがわかるのではないでしょうか
  
さらに時計とも仲良くなって
秒針を見ながら、スーッと続く限り吐いてみて下さい
最初は10秒でも、15秒20秒と長く続くようになると
いつのまにかワンフレーズワンブレスで歌えるようになります!
プラス、体の巡りも良くなります♡

関連記事

  1. マイク乗りでノッちゃおう!

  2. 歌えるようになってからが面白い!

  3. ネコに学ぶボイトレ*つま先立ち

  4. 発声法は必ずしも腹式呼吸だけではない?!

  5. ピアノ弾き語りが夢というあなたへ

  6. 合唱・コーラスで音がとれないという時の練習法

アーカイブ

シアターライブ「千夜一夜」

歌・芝居・踊りで構成されたシアターライブ。

Wedding Singer

あなたの特別な一日を彩る歌。