歌うと喉が痛くなる方は表情筋を使おう!

たくさん話すと
たくさん歌うと
喉が痛くなる…
なんてことありませんか

そんな方は試しに
「ア〜エ〜イ〜オ〜ウ〜」
と 発声してみてください
結構 顎が動くのではないでしょうか?

実はこれが
喉を痛める原因の1つでもあります
顎と喉のまわりの筋肉は
繋がっているので
ずっと顎で…つまり顔の下半分だけで
話したり歌ったりすると
どうしても喉に負担がかかるんですね

でも表情筋を使えば解決できます

では先ほどのアエイオウを
今度は
「イ」と発音する時の口で
そのまま口の形を変えないで
「ア〜エ〜イ〜オ〜ウ〜」
と 発声してみてください

顎を動かさないで
イの口のままアエイオウ

そうすると
声が鼻腔で響くようになって
声の通りも良くなります
意識も顔の上半分にいきますよね
これが表情筋を使った
発声法です

最初は難しいかもしれませんが
感覚をつかむと
顎のほうに落ちてしまっている声と
鼻腔で響いている声の違いが
わかるようになります

顔もリフトアップして
喉も痛めませんよ♡

*******************************************

◆インスタグラム
フォローもお待ちしています

◆公式ライン
1対1トークで直接やりとりができますので
お気軽にお問い合わせください

関連記事

  1. マイク乗りってなに?マイク乗りの良い声とは?

アーカイブ

シアターライブ「千夜一夜」

歌・芝居・踊りで構成されたシアターライブ。

歌って顔ヨガ

1回20秒で10歳若見え!