ピアノ弾き語りが夢というあなたへ

ボーカルレッスンでは歌以外にも
ピアノやソルフェージュ的なこと
―― 私がピアノで弾いた音を聴きとって書いてみる「聴音」や
 譜面をパッと見てドレミで歌ってみる「視唱」 など――
も、ご希望に応じてやっています

その中で「弾き語り」
ピアノを弾きながら歌いたいという方、いらっしゃいますね~

楽譜によっては歌のメロディーの下にピアノ伴奏も書いてあるので
楽譜が読める方は、そういうもので練習したりします
(いきなり英語の曲?と言われそうですが、誰もが知っているかなと思ったので)

「let it be」

楽譜も読めるけど、自分の弾きやすいようにしたいという方は
アレンジしながらやります

また、まったく鍵盤に触れたことがなくても
がどこかもわからないという方でも
ちょっとしたコツをつかめば弾き語りできます
それはコード(和音)をいくつか覚えることです
メロディーの上にCとかGとかありますよね、それです

たとえば「let it be」(再度、いきなり英語の曲?と言われそうですが
誰もが知っているかなと思ったので)は

イントロも、歌が始まってからも
同じコードの繰り返しなので
指が慣れてしまえば、形になってきます

で、次はラララ~で口ずさみながらやってみる、とか
一気に歌もピアノも同時にだと難しいけど
分解していけば、できるようになります

あとはですねぇ
ほんの少しの根気が必要です♡

関連記事

  1. 歌う時、 気分はレッドカーペット!

  2. 発声法~クラッシックからポップスへ

  3. ときどき声帯も休めよう!

  4. カラオケも1つの作品です

  5. 大きな声を出す時、押してもダメなら引いてみる

  6. 肺活量を鍛えよう!神器もご紹介!

アーカイブ

シアターライブ「千夜一夜」

歌・芝居・踊りで構成されたシアターライブ。

歌って顔ヨガ

1回20秒で10歳若見え!