肺活量を鍛えよう!神器もご紹介!

ボーカルレッスンの時
「家で声を出さなくてもできることってありますか?」と
よく訊かれます

家でガンガン歌っても平気な環境の方と
家ではしずしずと、という方といらっしゃいますもんね

先日の息のトレーニングはいつでもどこでもできるので
ぜひやっていただきたいのですが
歌う時、息に声をのせるということはとても大事なので
それに役立つ肺活量についても書きますね

そもそも肺活量とは?
はい、「息を吐きだす量」を表わす値ですね
可能な限り肺に息を吸ったあとに、吐き出せる空気量のことです
基準値は男性が3500CC 女性が2500CCと言われていますが
ワタクシ、数字がピンとこなくて…

要するに肺活量が多いと
一回に吐き出せる息の量が多くなるわけですから
ロングトーンをどこまでも伸ばせちゃったり
ブレスも少なくて済んじゃったり
と、いいこと尽くめなわけです♡

ですので、肺活量も鍛えたいものです

148 428×321肺活量.jpg

そのトレーニングとして
上記の息のトレーニング「ロングブレス」があります
息を長く吐く練習です
息を吸うことよりも吐き切ることがポイント!
そして
より長~~~~い息を吐き続けるためには
息の量をコントロールする必要があります
息を細く長く、太く長く、吐くことができると
ダイナミックな声やソフトな声など
声量や声質も
コントロールできるようになります

で、ですね
このような器具を使ってのトレーニングもおススメです!

Power breathe2.jpg

「パワーブリーズ」口にくわえて呼吸運動をするものです
私はライブが近くなってくると頻繁に使うのですが
走り込みをしなくても歌う持久力が増します
声の通りもよくなります
ただ肺に負荷をかけるものなので、ご心配な方は控えてくださいね

パワーブリーズ公式サイト 
ちなみに私はアマゾンで購入しました♡

関連記事

  1. 紙、いいえ神です!

  2. 扉を開けたらミュージカル~即興力を味方につけよう

  3. タイケンはプレゼン♡

  4. グルーブ感、リズムの火を絶やさないように

  5. ボイトレという名のジム

  6. ときどき声帯も休めよう!

アーカイブ

シアターライブ「千夜一夜」

歌・芝居・踊りで構成されたシアターライブ。

歌って顔ヨガ

1回20秒で10歳若見え!