歌うことは好きだけど自分の声が好きじゃないという方・・・結構多いんです!

突然ですが、皆さまは「自分の声」が好きですか?
ボーカルレッスンでは
「歌うことは好きだけど、自分の声は好きじゃない」という方、よくいらっしゃるんです

たとえば
🔲自分の声を録音して聴いた時、えっ?こんなだったの!?とガックリした
🔲人から声についてイヤなことを言われた経験がある
🔲いわゆる一般で言う「いい声」を基準にして、自分の声を判断している
🔲「好きな声」「憧れの声」と比べて、自分の声を好きになれなくなっている
🔲自分の親の声が嫌いで、自分も親(遺伝、家系)譲りの声だからと思っている

など、挙げれば、まだまだありますが・・・

そんな方にまず声を大にして言いたいのは
「あなたの声」は「あなた」しか持っていないということ
指紋があるように声紋というのがあって「あなたの声は世界に一つ」
「唯一無二」って、もうそれだけで素晴らしいと思いませんか!!
なんですが・・・

そうは言っても、、ですよね・・・

今まで私が見てきた、「自分の声が好きじゃない」という方たちは
ほとんどが、頑張り屋さんで、意識も高くて、仕事や、何かスキルなど
勉強して、努力して、いろいろなものを手に入れてきたけど

「声だけは、変えられない」と気づいちゃった、、みたいな人が多いです
でも歌っていくうちに確実に変わっていきます。声も、声に対する概念も。

話を戻すと
自分の声が好きじゃないという方に
どのようになりたいか?を、伺うと、この3パターンが返ってきます

1⃣自分の声を好きになりたい 

2⃣自分が自分の声を好きじゃないのはいいけど
 他人には声についてあれこれ言われたくない

3⃣自分でも自分の声を好きになって
 他人からも認められたら嬉しい  

実はレッスンを重ねていくと1⃣2⃣3⃣は繋がっていきます、結果的に!

1⃣のために、練習をしますよね
そうすると自分の声を録音して聴く機会も増えるので
自分の声を少しずつ許容でき「ま、いいか」となってきます
「こんな声だけど、歌っててもいいよね、歌が好きだもん」と
まだ完全には自分の声を好きにはなれないのですが
練習している自分については「私、頑張ってる」と認めることができ
いい意味で、開き直ってきます

いい意味で開き直ったあなたで歌うと、オープンに見えるので
周りの人もそんなあなたを見て「いいね!」と思います
というのは、歌の要素は、「声」だけではないからです、これが2⃣です

そして、3⃣は
2⃣の「声」以外の要素の重要性になってくるのですが
心地よい歌には、声だけではなく、そこに音程やリズム、
滑舌、ニュアンス、グルーブ感、安定感、雰囲気…などが加わってきます
ですので、歌に向き合うとやることがたくさんあるので
あっ、ここの音程とりづらい~とか、ここのリズム難しい~とか
逆に、ここはバッチリ歌えてる!という視点に変わってきて
おのずと、「自分の声」という要素だけに注目(執着)しなくなってきます

いつのまにか「声」だけに囚われていない「あなた」になり
発声の仕方や、歌い方が磨かれたことで、「いい声になったかも⁈」と感じるようにもなります
(実際に良くなっているんです!)

それが周りの人の目にも、「あなたの歌」「あなたの世界」として映りますし、3⃣ですね
あなた自身も「自分の声の好き嫌い、良し悪し」ではなく
自分の声という「楽器を奏でる良し悪し」にシフトチェンジしているはずです

仮にそこにピアノが1台あったとして
同じピアノでも演奏する人によって違いますよね?・・・そんなふうに。
「自分の声の好き嫌い」から「自分の声という楽器をどう奏でるか」に。

ですから、自分の声が大大大好き!とまではいかなくても
愛着を持てるようになれます、これが最初に戻って1⃣です、1⃣2⃣3⃣は繫がっているんです

歌手だって、いろんな声の人がいますよね
CMで流れてくる、透き通る、あの高音の持ち主・小田和正さんの歌声を
「気持ち悪い」っていう人もいるんですよ(ええっ⁉)
(小田さん、ごめんなさい、私は好きです)
それくらい人の価値観はそれぞれです

私も誰かと比べて落ち込んだりする時や
尊敬する歌手に少しでも近づきたいと思う時は
やはり、自分の声をどう奏でたら「すてき」かを考えます 

「自分の声が好きじゃない」という方は
あなたは好きじゃないかもしれないけれど
「その声はあなただけしか持っていない」ということに気づいていただいて
「あなたの歌」を磨いて
「あなたの世界」を出していったらいいんじゃないかなと思います
「これが私」This is me!と♡

*******************************************

◆インスタグラム
seikoohba_official
フォローもお待ちしています

◆おおばせいこ公式ライン
https://lin.ee/mQN2Cd5
1対1トークで直接やりとりができますので
お気軽にお問い合わせください

関連記事

  1. 歌は背中で歌う!

  2. 合唱・コーラスで音がとれないという時の練習法

  3. 歌うと喉が痛くなる方は表情筋を使おう!

  4. 歌は歌えるようになってからが面白い!

  5. マイク乗りってなに?マイク乗りの良い声とは?

  6. 人はなぜ歌うのか?歌は “訴え“ だからです

アーカイブ

シアターライブ「千夜一夜」

歌・芝居・踊りで構成されたシアターライブ。

歌って顔ヨガ

1回20秒で10歳若見え!